↑vol.24 A.ドボルジャーク『スターバト・マーテル』より