GLORIA Ensemble & Choir

グローリア アンサンブル&クワイアー

指導者紹介
MENU
■過去の演奏 ■サイトトップへ

片岡真理

片岡 真理 Makoto Kataoka

音楽監督・常任指揮者
国立音楽大学声楽科卒業。渡伊(イタリア)後、国立ミラノヴェルディ音楽院に留学。オズィモ市立オペラ芸術アカデミー卒業。 同専攻科に特待生として入学、卒業。ザルツブルク夏期音楽講習会終了。
声楽をL.パリウーギ、E.カンポガリアーニ、A.トニーニ、G.ファヴァレット、演技をO.フェグエロアの各氏に師事。
パリ国際声楽コンクール3位入賞。 イタリアにてジーリ没25周年記念コンサート、テレビ、ラジオに出演。 プッチーニ作曲のオペラ「外套」の主役ミケーレ役でデビュー(イタリア)。 モンテプルチアーノ音楽祭「ドン・ジョバンニ」のマゼット役など数多くのオペラ、コンサートに出演し帰国。
現在 演奏活動、音楽企画、指揮、後進の演奏家の指導など幅広く活躍。 那須野が原ハーモニーホール合唱団常任指揮者。アルス・カントゥス声楽研究会主宰。 グローリアアンサンブル&クワイアーでは、第1回から指揮・音楽監督を務めている。
藤崎美苗

藤崎 美苗 Minae Fujisaki

招聘合唱指導
岩手大学教育学部卒業、東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程独唱専攻修了、同大学院古楽科に学ぶ。 声楽を佐々木まり子、佐々木正利、瀬山詠子、朝倉蒼生の各氏に、 バロック声楽を野々下由香里、ペーター・コーイ、マックス・ファン・エグモントの各氏に師事。 第10回友愛ドイツ歌曲コンクールにおいて第2位入賞。 これまでにJ.S.バッハのカンタータ、受難曲、ヘンデル「メサイア」、モーツアルト「レクイエム」、 フォーレ「レクイエム」を始め多くの宗教曲でソリストを務める。 また鈴木雅明氏指揮バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして公演・録音に参加し、 ドイツ公演「ミサ曲ロ短調」及び「マニフィカト」、 日本では「マタイ受難曲」、メンデルスゾーン公演等でソリストを務める。 京葉混声合唱団、TRuMP、湘南ファイルヒェン、ミルフィーユ指揮者。 グローリア アンサンブル&クワイアーではvol.19より合唱指導を務めている。
布施奈緒子

布施 奈緒子 Naoko Fuse

招聘合唱指導
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時にアカンサス音楽賞および同声会賞受賞。同大学大学院音楽研究科修士課程修了。 これまでにオペラでは、モンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》(乳母・アモーレ)、ビゼー《カルメン》(メルセデス)、 マスネ《ウェルテル》(シャルロッテ)等を演じる他、バッハ《ヨハネ受難曲》、ヘンデル《メサイア》、 ベートーヴェン《交響曲第九番》、ヴェルディ《レクイエム》、ドヴォルザーク《スターバト・マーテル》等 コンサートソリストとしても多くの演奏会に出演。また、ドイツリートを主なレパートリーとし、 ソロおよびデュオリサイタルも精力的に行っている。 バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバー(音楽監督:鈴木雅明)として国内外の公演・録音にも参加しており、 2012年《パウルス》公演ではソリストを務める。 現在、声楽家としての活動を行うと同時に、学生・一般を問わず複数の合唱団で指導に携わっている。 東京成徳大学非常勤講師。
中嶋克彦

中嶋 克彦 Katsuhiko Nakashima

招聘合唱指導
東京藝術大学大学院修士課程修了。同大学院博士課程修了、博士号取得。2012年より文化庁在外派遣研修員としてドイツに1年間留学、   マインツ音楽大学にて研鑽を積んだ。J.Sバッハ「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「クリスマスオラトリオ」等のエヴァンゲリスト   をはじめ、メンデル「メサイア」、ハイドン「四季」「天地創造」、モーツァルト「レクイエム」「ハ短調ミサ」、ベートーヴェン   「第9」「ミサ・ソレムニス」、メンデルスゾーン「パウルス」「エリアス」「讃歌」、ドボルジャーク「スターバト・マーテル」、   オルフ「カルミナ・ブラーナ」等のソリストとして多数出演。近年では海外においてもドイツを中心にコンサートや宗教曲のソリスト   として活躍の場を広げている。バッハ・コレギウム・ジャパン(音楽監督:鈴木雅明)、声楽アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ」   のメンバーとして国内外の演奏会や録音にも参加している。オペラにおいても、新国立劇場や東京室内歌劇場をはじめ様々な舞台で   活躍している。
加来 徹

加来 徹 ToruKaku

招聘合唱指導
東京藝術大学音楽部声楽科卒業。同大学院修士課程を首席で修了。大学院アカンサス賞受賞。第55期二期会オペラ研修所マスタークラスを   総代で修了し、最優秀賞及び川崎靜子賞受賞。第15回「新しい声2013」国際コンクールにおいて日本人初のセミファイナル進出。第20回   友愛ドイツリートコンクール第2位。2014年シャネル・ピグマリオン・デイズアーティスト。バッハ・コレギウム・ジャパン(音楽監督:   鈴木雅明)声楽メンバー。2012年にデビューアルバム「Kaku Toru Debut」、2015年には「加来徹×ドイツ歌曲」をリリース。オラトリオ・   コンサートソリストを中心として活動しているが、オペラでも多くの役で出演。2014年にはサントリー主催オペラ公演「愛の妙薬」にて   ベルコーレを演じ、2015年には二期会オペラ公演にてヘンデル「ジューリオ・チェーザレ」にアキッラ役で出演。同年11月には日生劇場   オペラ公演「ドン・ジョバンニ」のタイトルロールで出演した。フェリス女学院大学非常勤副手。桐朋学園大学嘱託演奏者。二期会会員。   講演会HP http://www.kaku-toru.net/
益子徹

益子 徹 Toru Mashiko

練習ピアニスト
宇都宮大学、英国王立北音楽院ディプロマ伴奏科卒業。 栃木県ピアノコンク−ル大学一般の部優秀賞受賞。宇都宮短期大学講師。 ピアノを小林功氏、伴奏法をJ・ウィルソン、J・ドレイクの各氏に師事。
Copyright© Gloria Ensemble & Choir. All Rights Reserved.
Created with ez-HTML